企画・製造・ツール活用まで、一貫体制で皆様のお役立ちにつとめます。

facebook

磁気添付文書のご案内
2018.2.5

1.はじめに

さて、今回からコスメチームにならって、メディカルチームもブログをはじめることにしました。

みなさまのお役に立てるような情報を少しずつですが、発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。


初回のメディカルブログは磁気添付文書についてご案内します。



2.磁気添付文書とは

磁性粉をまぜたインキで添付文書を印刷します。
その結果、添付文書が箱の中に封入されているかどうかを 検知することができます。

tenbun_line



3.磁気添付文書のデメリットは?

・刷り色に制限がでてきます。
インキにまぜる磁性粉はスミしかありません。
そのため、スミ以外の色に磁性をもたせるのは、色味が変わってなかなか難しいです。

・添付文書の挿入位置によっては、検知器と添付文書が離れてしまい、 検知器がうまく反応しない場合があります。

・中身に磁気添付文書以外に磁気を帯びるもの(特殊な吸入機など)があると、 そちらに検知器が反応してしまう場合があります。

・添付文書の価格が若干高くなります。
磁性インキそのものが高いのと、磁性粉が版を痛めて版の交換が必要になってくるためです。


4.さいごに

かなり昔からある技術ですが、じわじわと採用実績が広がっている印象があります。
添付文書が封入されていないのは、即回収につながる致命欠陥です。
それを防ぐための方法として、結構効果があるからだと思います。

当社、磁気添付文書と相性のよい検知器メーカーのご紹介もできます。


より詳しい内容は弊社営業担当者にお問い合わせください!