コスメ クリアケース

透明なクリアケースだからこそできる
「コスメを魅せる多彩な設計」で最適なパッケージを提案

POINT

POINT 1

フィルム素材の光沢感、中身が見える利点を生かし、
クリアケースではないと表現出来ない加飾・形状をご提案いたします。

クリアケースの最大の特徴である中の製品をしっかり見せることができ、
また紙箱では表現できない奥行き感を表現できる為、クリアケースの透明性は好まれています。クリアケースの特性を理解した営業部・設計部がニーズにあった提案をします。

コスメセット品のクリアケース参考例

コスメセット品のクリアケース参考例
クリアケースはパッとみて中に何のコスメが入っているか分かるのでセット品でもよく使用されます。ワンポイントに箔押し加工を施すと高級感が出るのでオススメです。

環境に配慮したクリアケース参考例

環境に配慮したクリアケース参考例
PP、PET素材どちらとも環境配慮製品としてバイオマス素材があります。「クリアケースにしたいが環境に配慮できないのでは?」というクライアント様にオススメです。その他に再生PP、再生PETも取り扱っています。

変わった形状のクリアケース参考例

変わった形状のクリアケース参考例
クリアケースは紙箱と比べて設計の自由度が高く、紙箱ではスジが入ってしまったり、折れてしまうような形状でもクリアケースでは湾曲をきれいに維持することが可能です。コスメ関係では製品を目立たせるためにより変わった形状をご希望されます。

POINT 2

かゆいとこまで手が届く多彩な設計提案と年間1,500万個のクリアケース製造の実績でクライアント様からのご要望にお応えしています。

常に新しいモノを求められるクライアント様のご要望にお応えしつつ、輸送、セット時、店頭での問題となる点も考慮したかゆいところまで手が届く形状提案をおこないます。
フィルム素材へのオフセット印刷を事業化して30年超。
現在では年間1,500万個のクリアケースを製造しており、クリーンな製造環境も含めクライアント様に安心して依頼できるとのお言葉を良く頂いております。

コスメで際立つ多彩な設計にお応えします。
「中身が見える」という特性を活かした設計をおこないます。「製品が回転しないように設計してほしい」「訴求面を大きく見せたい」「店頭で目をひく形状にしてほしい」。コスメ製品でのお悩みは何でもご相談ください。「あっ!」と驚く気の利いた形状提案を行います。

お客様の課題

CASE 1

すりガラスのようなクリアケースを検討しており、どのように印刷で表現できるか?

新規企画でクリアケースを検討しているが製品をはっきり見せるのではなく、ぼかしてみえるような見せ方をしたいが何かよい方法はないか。

解決策

解決策

あまり見たことないフロスト加工のような素材をご提案

クライアント様のご要望に対してはいくつか提案を行いました。 「全面にニスを印刷」、「全面に擬似エンボスを印刷」、「梨地PPを使用」の3つをサンプルとコスト感とともに提出したところ、梨地PPを選択頂きました。印刷以外でのクリア素材提案と、また市場でもあまりみない梨地PPにもご満足いただけました。

お客様の課題

CASE 2

クリアケースでも部分的に蒸着紙のような表現はできないのだろうか?

中身が見える特性上クリアケースの使用を検討しているがケースの一面を蒸着紙のように銀の光沢にして上から色を重ねたいのですが、良い方法はないでしょうか?

解決策

解決策

クリアケースと蒸着紙を合わせた見せ方ができるバック箔をご提案

クライアント様のご要望をお伺いしていると蒸着紙のようにした箇所も印刷したいとのことでしたのでバック箔を提案させて頂きました。バック箔はフィルム素材によって密着の適性があるので事前に試作を行い、クライアント様には安心感をもって頂けました。ご希望通りのパッケージとなり、評価も上々とのことです。

「クリアケースにできる表面加工・印刷方法」資料ダウンロードはこちら

お客様の課題

CASE 3

鮮やかなデザインにしたいがプロセスカラー4色(CMYK)だと少しくすんで見えるのは何とかならないだろうか?

今回は限定品企画なので思い切ってデザインに鮮やかな花を散りばめて店頭でも目立つようにしたいが、通常の印刷では色味が少しくすんで暗い色味になるのが残念なのでなにか良い方法はないでしょうか。

解決策

解決策

鮮やかに見せたいなら高演色インキのカレイド印刷でより映えるクリアケースを!

カレイド印刷は専用インキを専用プロファイルで変換することにより、通常のカラー4色印刷では表現できなかった鮮やかな色が表現できます。 「以前のパッケージの色はくすんでいたため、くすみを取って鮮やかにみせたい」、「強調したい製品部分を鮮やかに見せたい」、「ビビットなデザインのイメージを再現したい」と言った通常のカラー印刷では満足できないクライアント様に好評で鮮やかな色を再現したいときに選ばれています。