企画・製造・ツール活用まで、一貫体制で皆様のお役立ちにつとめます。

facebook

海外提携工場製造品のご紹介~無地クリアケース
2019.10.16

こんにちは。営業のAです。

 

今回より近年増えております弊社の海外提携工場での製造品のご紹介をいたします。
初回は中国製 無地 PETケースです。

あるお客様より「我が社は多品種小ロット。いちいち箱を各製品ごとに作っていると、コストも掛かり、パッケージ資材の在庫管理も大変。しかも、なるべくパッケージにはコストを掛けたくない。」というお声をいただきました。
また、納期はあるので、その分コストをセーブしたいとの事でした。

そこで、台紙とシールを個々の製品ごとに作り、外側のパッケージは共通の無地 PET箱をお作りするという提案をいたしました。

しかも無地 PET箱はコストを徹底的にセーブする為に国内生産品ではなく、中国製でのご提案をいたしました。

 

中国製の無地PET箱の特長は、下記の通りとなります。
(今回、実際に引き合いを頂いた「W 43mm × D 27mm × H 78mm」サイズ提案時の事例)

  • 価格感
    数量200,000枚を超えると弊社製より運賃等をいれてもコストメリットが出てまいりました。
    200,000枚ですと、単価にして@2円弱ほど日本製に比べて安価でした。
  •  
  • 原反
    透明度と風合いは、日本製と大差はございません。
    日本製と異なり、PETの裏面には保護フィルムが付いております。
    製函時には糊貼り部のみ、保護フィルムを剥がします。
  •  
  • 使用に向いている製品
    品種が多く、無地の共通箱で台紙やシールを使って種類を分別する製品
 

ちなみに、中国製の原反には日本製の添加剤が入っていない分、原反をキズ等から保護する為の保護フィルムがPETの裏面に付いています。
下記写真をご参照下さい。

左

上…中国製PET/下…日本製PET

 

ご検討頂けそうな案件がございましたら、是非、お問い合わせください。