ハーフ蒸着ラベルのご紹介
2020.6.20

こんにちは。営業のNです。
今回は最近発売されたラベル用新素材のご案内をいたします。

蒸着のメタリック感と透明感を両立させた新素材です。

 

今回ご紹介するのはハーフ蒸着ラベルです。

蒸着紙と言えば、メタリック調の素材を思い浮かべると思います。
メタリックなので、当然貼った部分は表面の蒸着で隠れてしまいます。

しかしこのハーフ蒸着紙は、見た目は蒸着紙であっても透明性があり
貼った対象が透明であれば中身が透けて見える特徴があります。

出典:リンテック株式会社様 

出典:リンテック株式会社様

 

実際に貼ってみました。

ラベルを貼った箇所でも中身が透けています。

ラベルを貼った箇所でも中身が透けています。

 

中の台紙の絵柄が透けてみえます。

中の台紙の絵柄が透けてみえます。

 

袋、容器、ブリスターなど透明なモノに貼ることでメタリック調で透明感がある今までに無い見せ方ができることができます。

また白引きすると、その部分は隠蔽性ができます。
透明感を出したいところだけ出すこともできます。

透明容器の胴巻きラベルやPOPシールなどにご活用いかがでしょうか

さいごに

こちらの原紙は環境にも配慮してあり基材の厚みは36μmと薄いために、石油資源の使用量削減に貢献しています。
粘着剤は溶剤を使用しない環境配慮型のエマルジョンタイプを使用しています。

今まで透明感を出すには透明素材を使用しなければいけなかったところに、メタリック調でも透明感を出せるこの素材でぜひデザインを考えてみてはいかがでしょうか?

 

Pocket
LINEで送る


,