透明箔のパッケージってどんな見え方?
2021.7.15

こんにちは。

箔押しはロゴやブランド名の箇所を箔で表現したり、
またはワンポイントでデザイン要素を入れたりと加飾にはもってこいの表面加工です。

また化粧品パッケージで良く使われる箔押しの多くは金箔、銀箔ですが
箔押しは金箔、銀箔以外にもかなりの種類があります。

箔見本帳一例

ホロ箔、、カラーホイル、ツヤ消しの箔、、、

箔はモノによって価格が高かったり、受注生産だったりと
条件がありますのでご注意ください。

そんなたくさんの種類がある箔の中で今回は透明箔のご紹介です。

透明箔を使ったパッケージを店頭でご覧なられたことはありますか?

個人的に今まで透明箔が使われているパッケージを見た記憶がなく、、、

透明箔を使って試作してみました。

クリア箔正面
表面加工:マットPPラミネート、透明箔

今回は透明箔の見え方が分かりやすくなるように単色で4種のパッケージを用意しております。

クリア箔

正面からの写真だとあまりわからないですが角度をかえると、、

クリア箔斜めから写真
ただ艶感があるだけではなく、少し偏光性もあるような、ないような、、、綺麗な仕上がりです。

マットPPラミネート加工の効果も相まって、より透明箔が際立っています。

部分的にシルク印刷やLCコートで艶感、立体感を持たせるパッケージ、
エンボス加工で凹凸を表現したパッケージなどありますが
透明箔を使用したパッケージも店頭で目立つかもしれませんね。

金箔、銀箔でも高級感は表現できますが
透明箔ならそこまで箔自体の主張がくどくないので
高級感にくわえ、上品さも兼ね備えた素敵なパッケージを作ることが可能と思います。

一度、限定品、企画品でお試しされてみてはいかがでしょうか。

サンプルもございますのでご興味ございましたら
担当営業またはお問い合わせフォームまでお問い合わせください。

Pocket
LINEで送る


,