BLOG

2021年

2021.05.14

不審者セット・・・?!ですか。。。

皆様こんにちは!!

いつも当ブログをご覧いただき誠に有難うございます。

 

そう!!

目の肥えた皆様ならば、もうお気づきかと思いますが

今月から私ども当ブログでの活躍が認められクリアケース設計ブログから

設計部のブログとして昇格が許されたのであります!!! いやーめでたい!!

 

これからはクリアケースのみにとどまらず

設計物全般でのお伝えが可能となりました!

括りのためこれまで発言を控えていましたメンバーも加わり

より幅広い情報発信ができる予定となっておりますので

 

是非今後とも当ブログにご期待ください!!!

 

そんな記念すべき月のブログでご紹介しますのは

こちら!!!

 

 

 

名付けて「不審者セット・・・」

もとい、、「マスク&眼鏡スタンド」です!!

 

・・個人的な意見ですが眼鏡の代わりにサングラスをレイアウトしますと

さらに不〇〇者感が高まってよろしいかと思います。。。。

 

 

 

 

眼鏡だけセットの場合はこんな感じですね・・・

丸みを帯びたシルエットがチャーミングです!

 

消毒をした眼鏡・サングラス等 や

まだ使うマスクなどの一時置き場所としての活躍してくれるはずです。

一時置きセットした後に話かけてみるというのも癒されるかもです・・・

 

こういったノベルティのお話をいただく

こともございますので「皆様お持ちのこんなのできるかな?」も

是非お気軽に弊社までお声がけください。

 

設計部I

 

 

 

 


2021.04.20

改めて比重について考えてみる

 改めて比重について考えてみる

 

こんにちは 設計のKです。

先日、PVC(塩ビ)テストケースを作成しているときに比重1.45とあり、結構重いものだなと思いました。一般的に良く言われるのは比重1が水なので1より低いと水に浮き1より高いと沈みます。ですがこの目で見たわけではないのでやってみよう!!となりました。

ただのフィルム片だけでは面白みがないので小舟を作ります。PVCは手元に無かったので

PPとPETで製作開始。

子供の頃、縁日で売ってたブリキのポンポン船とか樟脳推進の舟を思い出します。

PP舟・・・比重0.9・・煙突赤色

PET舟・・・比重1.34・・・煙突青

 

 

これをそおっと水を満たしたアクリルケースに浮かべてみます。

 

 

おおつどちらも浮いております・・・PETの方が頑丈そうな・・・

しかし段々と浸水してきて・・PET舟はあえなく沈没・・・

PP舟も浸水して沈没寸前ではありますがやはり浮いております。

 

 

比重ってすごいね。

樹脂シートの価格は㎏何円という表示ですが重さで5割近くもPP・PETで違うのなら

注意が必要です。シート数で言えばPPの方がかなり沢山買えますね。

 


2021.03.26

これは何でしょう?

これは何でしょう?

 

釣具メーカー用に提案したものです。

ある商品を使用する時にパッケージを変形させて使います。

 

①店頭で売られる状態では、後ろダブル看板で普通の四角箱です。

 

②商品が入ったまま、フラップと看板を一旦立ち上げます。

 

③前フラップを後ろ看板側に差し込んで、空間㋐を作ります。

 

後ろ看板を前フラップの角に差し込んで、空間㋑を作ります。

  

 

上下2つの空間㋐㋑を利用して、その商品を使います。

釣りが趣味の方は簡単に分るのではないでしょうか。

 

設計担当N


2021.02.25

携帯パーテーション

皆様こんにちは

いまだ難しい状況が続く中ですが

いかがお過ごしでしょうか?

 

設計部Iです。

 

本日は食事中の飛沫が気になるところに

ぴったりのアイテムをご紹介いたします。

 

読んで字のごとくですが

携帯パーテーションです。

 

ランチ時に重宝する少し距離をとるうえでの

飛沫予防のパーテーションです。

 

一人用ですので持ち運びもラクラク!!

 

こんなのできるかな?も

どうぞお気軽に弊社までお声掛けください。

 

            


2021.01.29

非石油系のプラスティック代替素材 今後増えていきそうですね!!

こんにちは 設計のKです。

今回は最近良く聞く非石油系のプラスティック代替素材で今後増えて行きそうなものを
ピックアップして紹介してみます。

<(株)TBM  LIMEX(ライメックス)>
数々のメディアに取り上げられて有名な日本の独自技術素材。
石灰石と樹脂を混ぜた紙・プラスティック共通の代替新素材で製造に木材パルプも
水もほとんど使わず資源問題に貢献するとのこと。
名刺・メニュー表・冊子・レジ袋・変わったところではマスク等
最近レジ袋で見かけました。何か手触りが粉っぽくカサカサしてると思って表示を見たら
これでした。
https://tb-m.com/limex/products/

<(株)環境経営統合研究所  MAPKA(マプカ)>
紙パウダーと樹脂を混ぜて作られ従来のプラ材と同様に成型可能な代替新素材
カップ・トレー等のプラ容器に使用されているようです。これも日本独自らしいです。
https://ecobioplastics.jp/products/mapka.php

<三菱ケミカル(株) BIO-PBS(ポリブチレンサクシネート)>
植物由来のコハク酸から作られる樹脂で低温下での生分解性に優れ農業用フィルムや
紙コップ・ストローに使用されています。
https://www.m-chemical.co.jp/csr/activities/case1.html

<(株)カネカ  生分解ポリマーPHBH>
土壌細菌が作り出すポリエステルで100%植物由来のポリマー。
海中で生分解する珍しいタイプらしいです。
用途はレジ袋・トレイ・食品包装・プラボトル等、幅広く使用することを想定している様子。近年化粧品容器を資生堂と共同開発するニュースもでました。
https://www.kaneka.co.jp/esg/feature/case1/index.html

2つが非石油系素材メインの可燃物、2つが植物由来の生分解素材です。
よく間違われるのがバイオ素材=生分解ではないと言事です。石油系でも
生分解可能なものもあり逆の植物由来でも生分解しないものも沢山あります。
新素材が開発されるのはうれしいのですがなかなかクリアケースに代替えできるものは無いのが現状でほとんど不透明なのです。コストや強度などまだまだみたい。
当社では上記のうち一つをテスト製造しましたがさらに製造に適した改良品を計画しています。
今後も調査とテストを続け又発表させて頂きたいと思います。